男の子に打ってつけのランドセル|壊れにくさが重要

姉妹

小学生必需品のカバン

女の子

時代の流れの中で変化

日本では、小学生になると小学校に通います。その際、男の子も女の子も、決まりこそないもののほとんどの場合でランドセルという背中に背負うタイプのカバンを持って、登下校する通学用カバンです。ランドセルの語源は、オランダ語の「ランセル」という背負カバンから来ているそうです。そんなランドセルは昔、伊藤博文が内閣総理大臣であった頃、皇太子殿下の学習院初等科の入学の際に、丈夫で容量が多いタイプの箱型のカバンを特別に作らせ、皇太子殿下に贈答したのが、今日本の通学用のカバンとして当たり前となってきているランドセルの原型になります。ランドセルは、形は男女ともに箱型で変わらない形状ですが、男女でランドセルの色が違うことが見分ける一つであるといえます。一昔前ですと、男の子は黒色、女の子は赤色というのが一般的でしたが、現代では多くのメーカーがランドセルを作っており、形状も各メーカーによって違い、色もピンク色やむらさき色など様々な種類発売されており、男の子にも女の子でも決まった色という概念がなくなりました。また、昔は約1600gあったランドセルの重量も今では人口の革を使用することで、昔より半分程度の重さまで重量を落とすことに成功し、男の子でも女の子でももつのが楽になったと言えるでしょう。時代の移り変わりや、経済・文化の変化などにより、昔のランドセルからかなりの変貌を遂げて今の形になったランドセルは、通学の子供たちの必需品であるといえます。